お金と私

お金がないという気持ちはいつの時代も私写真撮って不変のものかもしれません。お金が欲しいという気持ちはいつの時代も私たちにとって、不変のものだと思います。お金がなくて苦しいというのは人間共通の悩み苦しみだと思います。
私にはもれなくお金がないので、宝くじを買うしか希望がありません。誰もお金を渡しに 残してくれるというような人はいません。辛いなあと思っています。親戚のおばちゃんも本当に私の事を小さい時から可愛がってくれたおばちゃんですが、そのおばあちゃんも相当お金はあるのですが、でも私に言っても多分残してくれないと思います。おばちゃんの財産を狙っているかのようなこの私。本当はおばちゃんの財産を少しをもらいたいのですが、でも絶対にもらえないと思っています。おばあちゃんは私にお金を残してくれるようなそんな人では全くありません。
おばあちゃん私のことがはっきりて嫌いなのです。 おばちゃんは私のお父さんお母さんの事が嫌いです。どうしてかと言うと本当に小さい頃から家族のゴタゴタ揉め事がたくさんあったからです。お金があっても心が貧しい心が貧しいし、そしてお金がない。それが今の私です。私にはお金はなくそして心も貧しいのです。
アコム ログイン

お金と私